2台目の車の自動車保険のオススメの選び方

2台目の車の自動車保険のオススメの選び方

今や家庭に2台以上車があっても全くおかしくない時代ですね。
しかし2台もあると維持費、ことさら自動車保険の費用がかさみます。

 

でも自動車保険に加入しないで万が一事故を起こしたら、かなり高額の賠償金を自費で支払わなければなりません。
自動車保険には必ず加入しましょう。
2台目の車を所有する場合、条件が合えばセカンドカー割引適用がされ保険料が安くなるかもしれません。

 

セカンドカー割引の対象になるかどうかは以下の通りです。

 

車 任意保険 セカンドカー割引

これらの条件が満たされていれば、セカンドカー割引の対象となるため通常6等級スタートのところが、7等級スタートとなるのです。
これはどういうことでしょうか?

 

車 等級 セカンドカー割引

 

普通は6等級でスタートして1年間事故を起こしたりせずに保険を使用しなければ、翌年1等級アップで7等級となり保険料が割引になります。
これを繰り返すと最大で20等級となるのです。
ですからセカンドカー割引によってスタートから7等級というのは、結構保険料の節約になるのです。

 

さてではどのような条件をクリアすればいいのか、具体的に見て行きましょう。
2台目の被契約者は1台目と同じ人か同居の親族でないとなりません。娘や息子であっても別居であれば適用することができないのです。

 

車 等級 セカンドカー割引

 

自動車保険の等級というのは、運転の上手さと関係があります。
6等級からスタートして1年間無事故であれば翌年は7等級となり保険料が下がるという仕組みです。これを繰り返すと最大で20等級となり、保険料は最初の約6割となるのです。
1台目が11等級以上であれば、セカンドカー割引の適用のときは7等級からスタート出来るので、保険料の節約になります。

 

車 等級 セカンドカー割引

 

そして最後、車検証に書かれてある車種がこの8つの中の入っていることです。

 

車 等級 セカンドカー割引

 

これらすべての条件が満たされていれば、セカンドカー割引が適用されます。
そしてこのセカンドカー割引は1台目の加入している自動車保険会社と同じである必要がないのです。
違う保険会社であっても、セカンドカー割引は適用されますのでまずは一括見積もりで保険料を比較してみませんか?

 

同じ補償内容なら保険料が安いほうが嬉しいですね。他にもロードサービスやスタッフの対応などいろいろな面を考慮して、自分に一番合うと思う自動車保険を選んでください。

 

セカンドカー割引 比較